AUTHENRIC CO.,LTD

営業部(TOBILA)中田 彩智
2016年入社

挑戦!
SHOP店長から本社営業部へ

Q SHOPでの仕事内容を教えてください新卒で入社して、まず新宿ミロード店に配属されました。その後、関東~関西と異動、出張を経験したことで、各店舗のお客様やスタッフと接する機会が増え、自分の接客スタイルの見直しや吸収ができたことは、今でも私の財産になっています。その経験もあり、静岡店での配属時に店長へとキャリアアップすることができました。
その後、有明店の新規オープニング店長という重役を任せていただき、日々刺激を受けながらショップの運営に携わったことで、視野の広がり、表現の幅が広がりました。

Q 大変だったことは?初めて店長になった当時、社員が私だけだったこともあり、店舗づくりから教育などすべてを一人でしようとしていて、色々なことを抱えてしまっていました。ですが、上司の助言から、スタッフ一丸となりチームでの接客、仕事の割り振りをしながら、皆でお店を作ることを意識したことで、お店全体の雰囲気がよくなり、かつ私自身も少し力を抜いて仕事ができました。お客様も何回も来てお話してくださったり、スタッフも笑顔でいた光景を見て、大変だったことも忘れられるくらい日々の流れが速かったです。気づいたらた楽しくお店に立つことができていました。
初めてキューブシュガーを知ってお買い上げくださったお客様が、その後何度も足を運んでくださったり、「帰り際にこんなに楽しく買い物できたの初めて!」とお客様の笑顔を見られたときが本当にうれしく、大変さの中にも達成感ややりがいを多く感じました。すぐにその場でお客様の反応がみられることがショップスタッフの醍醐味だと思います。

Q 本社営業部への異動について今まで、CUBE SUGARの営業部と同じスタッフが卸先様へのTOBILAの営業も行っていましたが、CUBE SUGAR、TOBILAともにそれぞれのブランドに集中して、さらに販路を拡大するという会社方針により、TOBILA単体での営業部が発足され、新事業部への異動になりました。異動の話を受け、最初は驚きと不安があり悩みました。有明店に来てくださっていたお客様や、オープンしてまだ間もない有明店のスタッフのことも気になり、ずっとふわふわしていました。ですが、SHOPでTOBILAを販売した販売側の心理や気持ちがわかるということを活かせるのではないかという思いと、誰もが経験できることではないと思いから、TOBILAの営業に挑戦することを決断しました。営業は全く初めての経験で、わからないことだらけで不安ばかりですが、会社全体に目を向けることができ、今までのショップ定員としての立場で考えていたことから、また別視点で会社にかかわり新しい発見が多く、早く一人前にならなきゃと焦りもありますが、日々刺激を受け楽しく感じています。

Q これからについて
今、TOBILAの営業として、ブランドの認知を広げていくことから始めています。今まで一緒に頑張ってきたSHOPスタッフとも連携を取り、認知拡大をし、新しいお客様の獲得をしていきます。
店舗にも立てる、そして営業もできるように上司の方たちのやり方を見習いながら、自分にできることを見つけ今後も挑戦していきます。そしてTOBILA、CUBE SUGARを盛り上げていきたいです。